ホーム > SVOP Lab.ブログ > 報告 > 放送大学報の2019年2学期の面接授業が始まりました

放送大学報の2019年2学期の面接授業が始まりました

2019年2学期の面接授業が始まりました

放送大学神奈川学習センター

昨日から放送大学神奈川学習センターで2019年2学期の面接授業が始まりました。
今回のタイトルは、
「英語の敬語と謙譲語」。

SVOPで考えると、はじめて英語の敬語体系がハッキリと見えてきます。
それは、主語の後ろを「話し手の判断」と理解するからです。
主語の後ろを「動詞」でとして読んでいる限り、英語の敬語が見えてきません。

限られた時間の中ではありますが、学生の皆さんに敬語への理解が進むような授業を進めて参ります。

京急電鉄のホタテ

さて、放送大学神奈川学習センターに行く途中に乗った京急電鉄の車両が「ホタテ列車」なってました。
京急電鉄はいつも楽しいラッピング電車を走らせています。

SVOPで英語を学ぶのが楽しくなった!

夏休みからSVOP受講している高校3年生が、定期試験で飛躍的に得点を向上させました。
1学期にクラス最下位だったのが、一気に2番になりました。
中1で英語への興味を失って、以後ずっと投げていたそうです。
「SVOPだと難しい内容でも意味が分かるようになるので楽しくなった!」と言っていました。

引き続き、生徒が英語に楽しく、意欲的に取り組めるような授業をしていきたいと思っています。

【松本道弘×SVOP】英文を文頭から一気に理解する英語勉強会 11月9日(土)開催

SVOP飯田橋英語教室

英語を語順できちんと理解する英語教室
東京都飯田橋駅 各線徒歩5分

詳しく見る