英会話はもちろん、ビジネス英語も受験英語にも。使える英語をモノにするVSOP英文法の英語教室(東京飯田橋)。
メニュー

ホーム > VSOP英語研究所ブログ > 英語学習 > 英語学習初心者はまず基礎を

英語学習初心者はまず基礎を

これをご覧になっている方はほとんど成人されていると思いますので、初心者とは、中学や高校で英語には触れたはずだけれど、自信がない、長く触れてないのでほとんど覚えていないという方のこととなります。
初心者の方が、英語をいざ学習したくなったとき、どのようにしたらいいのか。
私西巻尚樹は、こう考えます。

初心者の方の英語学習方法

まずは、やっぱり基礎学習

まずは、基礎を覚えましょう。

おもしろくない答えだったでしょうか。

え? 基礎? 中学でやった!
そんなのまどろっこしい!
もっといきなりガンガン英語を聞いて、ガンガン話すのがいいんじゃない?

もしくは

VSOP英文法は丸覚えは不要のはず!
早く極意を教えて!!

と思った方もいるかもしれませんね。
残念ながら、そういう学習方法はおすすめできません。

もちろん、英語ネイティブな環境にいきなり飛びこんでなんとか話せる、使えるようになった方もいるかもしれません。
それは並々ならぬ度胸とセンスがあったからだと思います。
それはそれで良いかもしれません。
(はた目には英語の達人でも、英語がわからない! と思っている方は実は多いのです。それについてはいつかお話しします)

しかし、度胸がある日本人というのは、私感ですが、そこまで多くないと思います。
少なくとも私は無理でした。

そして、英語を理解する「極意」ですが、英語のSVOP語順をマスターすることとなるわけですが、語順を構成する各々の単語の名詞、動詞、形容詞、副詞の区別の仕方を全く知らないままスタートしてしまうと、もちろん、途中でにっちもさっちもいかなくなってしまいます。

基礎を学習する意味はたくさんある

基礎なんて中学でやった! 退屈!
と思っても、意外に忘れているし、抜けている部分もあるのです。

まどろっこしいと思いますが、これから英語を使って、やりたいこと:旅先で現地の人と語り合うとか、自分の商材を外国人に売込むなどといった英語生活を考えるとわずかな時間ではありませんか。

英会話に文法など不要だ!
と言っている方をよく見かけます。
確かに現在の英文法事項に不要なものがたくさんあるのも事実ですが、文法は本来その言葉の使い方のルールを文章化したものです。
ルールを知らずに、スキルも身につけずに、闇雲にボールをゴールに入れようと突進しても、得点は獲れないばかりか、周りから失笑されてしまいます。
「あの人、ゲームにはルールがあるの 知らないの!?」と。

日本人の苦手なTOEICテストの文法問題で、間違える英語のネイティヴ・スピーカーはいません。外国人向けの日本語テストで間違えるネイティヴ日本人が居ないのと同じです。
母語として身につけた言葉と、外国語として言葉を身に付けるのとは、全く違うのです。

母語は習得にとても時間をかけています。

10歳くらいまでかかると考えると
11年×365日×24時間 = 96,360時間
11年の余分な1年は 生まれる前からという意味です。

それに対して、中高の英語の学習時間は
6年×40週×1時間 = 240時間

塾、予備校、英語学校、ラジオ講座、スマホ
洋画.........などを足して

あなたは、何時間くらい足せてるでしょうか?

仮に  1,000時間勉強したとしても 母語の96分の1、ほぼ 1%にも満たないです。

外国語習得は、母語習得とは同じようにはできないと感じませんか。

「基礎文法を知らなくても、英語は身に付く」と言っている人は、なにか勘違いしているように思えてなりません。


基礎は何を指す?

さて、基礎、基礎というけれど、基礎ってなんでしょう。
それは、まずは語順、そして名詞・代名詞の単数形・複数形・格変化、過去とか現在とか動詞の活用形と意味、それと、to や on、for といったいわゆる前置詞の意味と使い方となります。

ところで、VSOP英文法は to や on、for といった前置詞や  、up、 off や out のような副詞が英文の意味を支えていることに注目します。

動詞は、英文の中心の意味を表していません。

to や on、for 前置詞と up、 off や out 副詞が、語順に従い意味を作っているのです。

にもかかわらず、現在の英語学習の現場で「動詞中心の英文法」を使っているので、文法が会話表現で役に立たないのです。

そして、会話表現中心の英語学習では、会話表現の暗記に注力し過ぎるあまり、ルールを理解するのを止めてしまっています。


名詞・代名詞の単数形・複数形・格変化、過去とか現在とかの動詞の活用形など、基礎文法事項は「使っているうちに身に着く」と考えているようで、学校が指導するという責任をとっていないようです。
英会話スクールでは、会話表現を練習するのが目的ですから、基本文法事項は知っていて当たり前、で話しが進みます。

かくして、「基本文法事項はどこにも無い・習っていない」という状況で英語が学習されています。

暗記に頼って、規則 = ルールは知らないのに「喋れている」と思っているのです。

英語の基礎を学ぶのに適した書籍は?

英単語を覚えるのに適した書籍

初心者向けのVSOP英文法の本

「世界に1つだけの英語教科書」(西巻尚樹著 日本実業出版社 発行)

VSOP英文法で学ぶ基礎

マスターコースの初級編は、まさにこの基礎の部分を学ぶコースです。
「英語の一つ語順」を通じて基本文法事項を習得していきますので、一石五鳥くらいの英語理解が図れます。

一羽 : 基本文法事項が覚えられる
二羽 : 英語の語順が身に着く
三羽 : 基本単語が身に着く
四羽 : 英文の発音・イントネーション(抑揚)の規則性が分かる
五羽 : ネイティヴ英語の発話感覚が解る!

年末年始は少しだけお得なクラスがありますので、ぜひご参加をご検討ください。

明くる年が、英語開眼の年でありますように。