英文法を再発見して英語力を上げる。VSOP英文法・SVOPの英語教室(東京飯田橋)。英会話、ビジネス英語、受験英語対策に。
メニュー

ホーム > VSOP英語研究所ブログ > 英語の使い方 > go easy on 誤解と誤訳がイディオムを生む!

go easy on 誤解と誤訳がイディオムを生む!

英語は文法で考えない
とバカなことを言っている人がいます。
ネイティブ・スピーカーにです。
自分が文法で英語をきちんと解っていないから
このようなことが平気で言えるのです。
ネイティブ・スピーカーは最重要英文法
ネクサス(Nexus)をきちんとは
分かってはいないのです。
(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)

一つ一つの単語の意味からは、

全体の意味が分からないような表現を

慣用表現とか熟語(イディオム)とか言います。

たとえば

go easy on ~

のような表現です。
けれども、
VSOP英文法では、
この表現は
英語のロジックできちんと理解できるので
熟語(イディオム)ではない
と説明します。
-----------------------------------------------------
「Get The Real...英語参考書:改訂版」
Chapter 5-03 P62 で詳説しています。
https://www.vsop-eg.com/publish/bk-sankosho.php

なぜ、今までの英文法内では
go easy on ~
を熟語(イディオム)と呼ぶかというと
go easy on ~
は、相反するような意味で使うからです。
1. [人を]甘やかす
2.,[飲食物などを]控えめにする
1の使い方では
go easy on girls        女の子に甘い
go easy on one's side  身内に甘い
go easy on oneself   骨惜しみする、自分に甘い
go easy on oneself by doing ... 気楽な気分で~する
Go easy on me. I'm a beginner.
お手柔らかに。初心者なんで。
2の使い方では
go easy on the salt/sugar/beer/drinks/protein
 塩分/糖分/ビール/お酒/タンパク質 を控えめにする
go easy on buying ~ ~を買い控える
などがあります。
-----------------------------------------------------
なぜ、このような意味になるか、日本人には
とても不思議に思われますが、
現行の英文法では文法的解説はせず
「英会話の慣用表現」
として、
「よく使う熟語(イディオム)ですからから是非覚えましょう」
というような説明になっています。
もちろんVSOP英文法では、きちんと説明します。
-----------------------------------------------------
解りにくい根本の原因は、動詞が中心の英文法です。
go は「行く」という意味ではありません。
go□□
で、
□□の状態で事態が動いている
という意味です。
「Get The Real...英語参考書:改訂版」
https://www.vsop-eg.com/publish/bk-sankosho.php
Chapter  3 参照
easy は「気の緩んだ状態」です。
日本人が真っ先に覚える「簡単な」という意味は
easy の 一面的な意味です。
ですから、
go easy
気楽な気分で事態が動いている
という意味になります。
また、
on ~ 
「~の上に」という意味も
一面的な意味で
「離れずしっかりと ~にくっついている」
とか
「頼っている」
とか
「こだわっている」
というのが原義です。
これらの意味が組み合わさって
go easy on ~ 
「~に離れずしっかりとくっついていること対して
 気楽でこだわらない気分でうごいていく」
となり
=「人に甘くする」
 「物を控える」
という意味で使われることになります。
こうみてみると、一つ一つの言葉の意味の通りに使っている
のですから、
どうして
「会話の慣用表現」=「熟語(イディオム)」
なのでしょうか。
英語のロジックとして、
きちんと理解しておく必要が
あります。
go  が「行く」
easy が「簡単な」
on  が 「上に」
というように
個々の英単語を一義的に覚えてしまっているので
全体の意味がつかめず、
go easy on ~は「甘やかす、こだわらない」と
一義的に覚えざる得くなっているのです。
本当の英語のロジックを
文法としてきちんと理解していれば
「丸覚え」しなくても
「理解できる」ようになるのです。
しかも
S-V-O-P:ワンパターンでです。
ただ、このような理解をするためには
多くの基本英単語の「基本の意味」を
きちんと習っていなければなりません。
ですから、初めは大変かもしれません。
けれども、今までの考え方に従い
何万通りもある熟語(イディオム)を
覚えることにアタマを浪費させるより
とても生産的だと思えるでしょう。
英語の本質的な意味と構造を理解することなく
「会話の慣用表現」として
いろいろな英語表現を丸覚えしていくことは
モノの本質の理解を拒否して学習していく体質が
積み上げていきます。
「暗記万能主義人間」を作る結果になるでしょう。
現在の、日本のいろいろな社会問題の病巣は、
筋の通らない英文法を使っていることに
根ざしているのでは、
と思えて仕方がありません。

日本語のことを何も知らない英米人は
日本語でモノを考えている
日本人のアタマの中は
理解不能でしょう。
日本人の苦しみは
日本人にしか解らないはずです。

VSOP英文法の英文法講座

まずは無料でVSOP英文法をエッセンスを体験。

無料体験レッスンに参加する

お問い合わせする 講座に関するよくあるご質問