英文法を再発見して英語力を上げる。VSOP英文法の英語教室(東京飯田橋)。英会話、ビジネス英語、受験英語対策に。
メニュー

ホーム > VSOP英語研究所ブログ > 日本語と英語の違い > 日本人の耳は、英語が聞こえない!

日本人の耳は、英語が聞こえない!

人間は母国語に際して、環境からのたくさんのことばを日々獲得していきますが、第二言語の習得の場合はどうなるのでのでしょうか。

生まれたばかりのあかちゃんは、生まれ育つ環境の言葉を母語として身につかます。
日本の赤ちゃんは、1歳を過ぎる頃から、RとLの区別がつかなくなり、スペインのあかちゃんはBとPを聴き分けられなくなります。

MOther Goose.JPG



周りからあまり聞こえてこない周波数の音を、必要のない音だと脳が判断し、余分な神経細胞を刈り込んでしまうからだと言われています。
必要な音の処理に専念し余計な負担を脳に掛けないために、母語の周波数帯に合わせた脳を作るからです。

人間の耳で物理的に聞き取れる音は、周波数が約16ヘルツ~1万6000ヘルツぐらいの範囲と言われています。

 日本語と英語で使っている周波数、特に優先的に使われる周波数(パスバンド)はどうなっているのでしょうか。

     日本語 :125ヘルツ ~ 1500ヘルツ  

     英 語 : 2000ヘルツ ~ 1万2000ヘルツ

日本語は母音中心の低周波、定抑揚で、英語は子音中心の高周波で高抑揚だから、このような違いが起こるのですが、2000ヘルツ以上の周波数が音声が英語あり、1500ヘルツ以下の周波数の音声が日本語だということなのです。

また、このパスバンドは生後10歳・11歳ぐらいまでに基本的な聴覚力として出来上がってしまい、一般に大人になった日本人の脳では「2000ヘルツ以上の音」を使っている英語に、慣れていなければ言語として脳は処理できません。

いったん日本語を身に付けたあとの「大人の英語学習」はどうするか。

この音の違いを意識したものでなければなりません。

まず、高い音を出す訓練をしなければなりません。

それは、英語の文法的な意味付けがされていなければなりません。

意味づけのない音の羅列をいくら聞いても、雑音か器楽にしか聞こえません。

英語を英語として認識するためには、音に対応した英文法が必要なのです。

それが、Cultivator into English Syntax:VSOPカルチベィター

です。

是非、ご利用ください。

◆VSOP:カルチベィター・モニター講座:1日完結

2014/10/11(土)  10:30~17:00 開場・受付 10:15(追加分)

2014/10/13(月)  10:30~17:00 開場・受付 10:15

 

 ◆場所

東京都新宿区 飯田橋ハイタウン

10階 8号室 ネクサス英語教室

◆ 講義内容

モニター講座を受けた直後から、すぐ実践できるよう、双方向型の体験形式で授業を行っていきたいと思います。

そして、最終的には「自分を語る」ための基本情報を、英語で言えるようにしましょう。

まずは、呼吸法、発声法 から入り、母音・子音の発音の要点、日本語になりきっているカタカナ語の発音注意点、いろいろな発音上の注意点をお伝えして、英音の自然な習得に結びつけたいと思います。

それから、英文の抑揚(強弱・高低)が、SVOPによってコントロールされていること体験、実践して頂きます。要点が解れば、英語はホントに単純なのです。

カルチベィター【学習プログラム】

モニター特価費用16,800円(税金・教材を含む)

 本講座の場合は、変更されます。

 VSOP英文法マスター・コース既受講者は、10%OFF
 
 この講座は、モニター講座ですので、アンケート調査にご協力頂きます。

 定員になり次第、締め切らせて頂きますのお早めにどうぞ。

【参加申込フォーム】

https://www.vsop-eg.com/course/apply/

※ 10/11(土)か10/13(月)の区別をご記入ください。

----------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------

 この新プログラムは、今まで日本人に難しいと言われてきた

 「聞き取り」「発音」「英会話」「英文法」が、すべて 一体のものとして、

 楽に楽しく美しく、使える英語が身に付くようになります。

 もちろん速読力も飛躍的に向上します。

 

VSOP英文法の英文法講座

まずは無料でVSOP英文法をエッセンスを体験。

無料体験レッスンに参加する

お問い合わせする 講座に関するよくあるご質問