英会話はもちろん、ビジネス英語も受験英語にも。使える英語をモノにするVSOP英文法の英語教室(東京飯田橋)。
メニュー

ホーム > VSOP英語研究所ブログ > ご共感のお言葉 > 本物は、手間がかかる!

本物は、手間がかかる!

先般、3年前にご受講頂いた池田勝紀さんという医師の方が遊びにお見えになりました。

久しぶりなので、また、神楽坂に同行しました。

以前、特殊医療(キレーション:解毒治療)のアメリカでの資格試験に合格したとき、やはり、神楽坂で祝杯をあげました。

そのときの記念写真をアップしても良いとのことだったので、アップします。

IKEDA SMALL P1050217.jpg

VSOPで英語のワンパターンの練習をしたので、アメリカでの学会や、英論文や、アメリカでの試験問題の解法にとても役だったとのことでした。

「どんな方の英語にも役立つはずなのに、なかなか世に伝わりません。

英語は、簡単に身に付くものではないのに、

世の中の風潮が

『3日間・3週間・3ヶ月で・・・・・・・』というような

安直なセールストークの英語学習ばかりになっています。

VSOPみたいに、まじめに手間や時間が掛かるようなのは、受けが悪いようです」

というようなことを言ったら、

「医療も同じですが、本物を身に付けるには手間と時間が掛かると、解る人は解るのだから・・・・・・」

と言われ、かなり嬉しかったです。

英語は、S-V-O-Pワンパターンなのですが、語彙が多く、世界文明を担っている言語です。

一朝一夕には、身に付くものではありません。

まして、S-V-O-Pを知らなければ、ごくごく基本的な会話表現すらできません。

高校受験とか、大学受験とか、TOEIC・TOEFL受験とか、まじめに英語の勉強したことのある人なら、誰もが英語の難しさを解っているはずです。

どんな勉強する場合でも、まず、S-V-O-Pという語順を身に付けておく必要があります。

その難しいはずの英語が、S-V-O-P ですべて解決できるようになることは、とても重要なことなのだと、彼から諭されました。