英会話はもちろん、ビジネス英語も受験英語にも。使える英語をモノにするVSOP英文法の英語教室(東京飯田橋)。
メニュー

ホーム > VSOP英語研究所ブログ > ご共感のお言葉 > 英語学習には、日本語との対比が重要!

英語学習には、日本語との対比が重要!

エッセンス講座の動画をご購入いただいた、Y.U.様より、嬉しいお便りがありました。

日本語と対比が無ければ、英語はきちんと解らない!

という趣旨です。
全く英語と言語構造の違う日本人が、きちんとした英語を身に付けるには、S-V-O-Pが重要とご共感頂けています。
最近はやりの

「会話に特化した英語学習」

などありえません。
我々日本人がきちんとした日本語が話せるようになるのに、親や身の回りの人たち、幼稚園、学校で、とても大きな教育的訓練をされています。
これらの大半は「日本語で書かれた教科書」がもとになっています。
このような長年の日本語教育の甲斐あって、社会人としての日本語が話せるようになるのです。
-----------------------------------------------------
その際、日本語の文法的知識も習得するように学校教育では、組み込まれているのですが、多くの方は日本語文法を嫌う傾向にあります。

これは、今後の国際化を考えると、とてももったいないことです。

なぜなら、日本人は「日本語を通してしか英語を理解できない」からです。

英語だけが「英会話習得のコツ」があり、

日本語だけが「きちんと勉強しなければならない」ものわけはありません。
英語こそが、きちんとした英文法理論に則って教育されなければならないものなのです。
そのためには、日本語の構造理解も不可欠なのです。
現行の英文法に従った教育が不毛だからと言って、文法教育その物を放棄してしまうような愚挙を止めなければなりません。
国際競争力が低下してきています......

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
-----------------------------------------------------
ここのところ必要あり先生の著作を何度となく読み返し、

ようやく理解することができ始めました。   Y.U.様より

SVOP文法はとても役に立つ文法です。

予備校教師のマニュアル本を使って、英文読解のスキルアップを図っているのですが、先生のSVOP文法に優るものはないと確信しました。
佐藤ヒロシさんや山下良徳さんの本を、先生が提唱されているSVOP文法で修正改良して読んでいます。C補語という言葉を追放し、
V判断語を広くとり、SVとOPという複文で日本語訳を考えます。かなり効率的にリーディングできます。

本日メールを入れたのは、感謝の気持ちとあわせ、
SVOP文法を広く知らしめるには、中学校レベルの国文法をあわせた英文法の本を出版されるといいのではないかと思いついたためです。

私は縁あって、子どもに英語を教えていて、先生の文法はきわめて有効なことを実感しています。
中1中2くらいの国文法とあわせて教えています。

主語述語の基本4類型(小4からやります何がなんだ)や補助動詞(英語基本動詞の説明、~なる、~する等)、修飾語被修飾語、接続詞、疑問詞のと ころ(これては秀逸で、SVOP文法の本質がわかった気がします。疑問詞はSにもなるしOにもなる。私はここの説明でブレイクスルーした感じです。)そし て、複文(文節が複数ある)など、先生が提唱しているVSOP文法は日本語の国文法との接続がスムースです。
国文法をやり始める中学生にとても馴染みがいいと思われます。

高校生にも受けると思います。国文法と連動した英文法は素晴らしいと思います。

Sにはどんな品詞もあてはまる副詞もOK(倒置は特別でない、SVOPで大丈夫)
Ⅴにも品詞の制約はない。(このことが分かると英語の世界はすごく広がることが実感しました)
Pについて(ご指導ねがえばと思います。特別講座を予定してください)

心強い英文法なので広く知ってもらうことに意義があると思います。

どうしても5文型から脱却できないでいる日本人の大多数(私もそうでした)に対して救いのエンジェルになると思うのでメールさせて頂きました。

エッセンス講座動画を購入した
K.U. です。