英会話はもちろん、ビジネス英語も受験英語にも。使える英語をモノにするVSOP英文法の英語教室(東京飯田橋)。

ホーム > 講座のご案内 > VSOP英文法マスターコース

VSOP英文法マスターコース

マスターコース案内

ワンパターンで、英文の本当のロジックと運用法を体得し「使える英語」の習得を目指します。
よりスム-ズに、より詳細に学べるよう、通常コースは3段階に分かれています。

初級編 中学レベルの基本文法事項の再確認をします。
必修編 単文を中心にいろいろな英文をワンパターンで習得します。
今の英文法のせいで習えていない表現がたくさん出てきます。
実践編 複文やいろいろな文の操作をワンパターンで身に付け、実践力を養います。

あらゆる英語の使い方が、S-V-O-P という統一された語順になっています。会話寛容表現やTOEIC出題文などから選りすぐった「豊富な例文(2万文以上)が掲載されたオリジナル教材」で、段階を追ってS-V-O-P感覚を習得していただけます。回を重ねるごとに、いつの間にか、あなたの頭にS-V-O-P が染みこみ、英語が語順通りに、日本語と同じように理解できるようになります。

「概論編」は、上記通常コースとは別に、短期で集中的に、S-V-O-P:ワンパターン感覚をお伝えする講座です。「入門編」」「必修編」「実践編」の各重要点を整理してお伝えします。

マスターコース:入門編

各英語の基本表現要素を手早く概観し、日常会話表現の使い方や平易な読み物がスラスラ読めるよう英語全体を体得します。

マスターコース:必修編

VSOP英文法の要になる「判断語」の使い方を理解します。

今までの「動詞が中心」というの英語の解釈のために、バラバラになっていたいろいろな英語表現は、S-V-O-P:ワンパターンです。また、今の英文法では説明できないために、全く習えなていなかった表現も、S-V-O-Pで考えると簡単に解ることを習得していきます。
英語は、S-V-O-Pという語順に統一されて使っているのです。
特に、「熟語(イディオム)」とか「会話表現」とか言われていた表現は、VSOPで考えれば、英語の普通の基本表現だと解ります。
もう「丸暗記」して覚えなくてもよいのです。
英語の基本表現要素を手早く概観し、日常会話表現の使い方や平易な読み物がスラスラ読めるよう英語全体を体得します。

(2) マスターコース:実践編

「必修編」で体得した基本文のS-V-O-Pを大きく組み合わせて「長い文(複文)の使い方」を身に付けます。また、よく使われる「省略」「倒置」「分詞構文」などの文の操作が、S-V-O-Pを基本に行っていることをマスターします。

実践編では、英文のあらゆる要素の組み合わせと文の操作が、S-V-O-Pになっていることを理解します。

S-V-O-Pが身についていれば、文頭から「直読直解」できる英語のロジックが完成しますから、聞き取りが楽になり、長文の読解速度が3倍速くなります。

S-V-O-P の各要素の中に、さらに、S-V-O-Pが入れ子になっているわけですから、S-V-O-Pが英語理解には不可欠なのです。

日常業務のえいごだけでなく、大学・大学院などの入試問題、TOEIC、TOEFL、英検などの検定試験、通訳案内士などのあらゆる資格試験に対応します。

「英語学習には文法が不可欠だ」と気付いた方でも、今の英語の解釈法のままでは、辻褄が合わないので、学習が進んでいくとどんどん混乱していきます。

これまで、一生懸命勉強してきたが、「今一納得しない」「だんだん混乱しきた」と思っていらっしゃる方には、VSOPが最適です。

英文が複雑かつ難しくなればなるほど、VSOP英文法がその威力を発揮します。

「英語ってホントにワンパターンだな」と実感頂けます。

※お問い合わせ・お申し込みフォームはwww.vsop-eg.comドメイン内ページではなく、
SAKURAサーバの共有SSLを使用したページ(https://vsop-eg.sakura.ne.jp/内)となります。