英会話はもちろん、ビジネス英語も受験英語にも。使える英語をモノにするVSOP英文法の英語教室(東京飯田橋)。
メニュー

ホーム > VSOP英語研究所ブログ > 報告 > 9月16日開催公開セミナー報告

9月16日開催公開セミナー報告

兼ねてよりお伝えしていた
2017年9月16日(土)の公開セミナー
「4ステップで感じる英文ハリーポッター」は、
大盛況のうちに終了できました。

seminer05.jpg

今回は、皆様がご興味をお持ち頂ける内容だったせいか、
当日は満席の盛況でした。

中学2年生からご年長の方まで、幅広い方々にご参加いただきました。

seminer01.jpg

まず、長年英語教育の第一線で活躍してきた長田實さんの
英語教育や日本の世界での立ち位置についての話ではじまりました。

seminer04.jpg

ネイティヴ・スピーカーが英語教えるという英会話スクールや
世界中に広げた海外留学の創始者が、肌身に感じられた話は
とても興味深く皆様にお聞き頂きました。
VSOP英文法の普及が急務であると身が引き締まる思いでした。

次に、西巻による「ハリーポッター原文の一部分」の
VSOP英文法読解デモ演習でした。

まずは、VSOP英文法の基本的理解
「主語の直ぐ後ろの言葉」は動詞ではなく「話し手の判断(V)」という
ことをご納得頂き、SVOPという英語の語順が一つだとご理解頂きました。

今までの動詞が中心の英語の解釈のために誤解されていた
「come」や「on」の本当の意味について説明しました。

seminer02.jpgそしていよいよ原文の読解です。
VSOP的理解に従って英文の中に「文節区切り記号」を書き入れて頂きました。
皆様、真剣にお悩み頂き、質問も出る等、短いながらも密度の濃い時間となりました。

今回のテーマが「イントネーション(抑揚)で英文法を理解する」というものでしたので 
ゲストとしてお招きしたネイティブスピーカーの方に、
英語ネイティブはどのような「イントネーション(抑揚)」で話すのか
ハリーポッターの文で実演して頂き
イントネーションのS-V-O-Pとの対応を体感していただきました。

seminer03.jpgのサムネイル画像

最後に、英語界の泰斗、松本道弘先生に、当日の講義についてご講評を頂きました。

あとで気付いたのですが、会場にはずっとスズムシの鳴き声が流れていたのです。
私を含めて皆さんは録音されたものと思っていたのですが、
松本先生が本物のスズムシをわざわざご持参頂いていたのです。
スズムシは二枚の羽がなければ美しい音は出せない、
日本人にとって日本語と英語という二つが、
それらの羽と同じ機能をもつものであるというお話のためでした。

グローバル社会において、母語と母語以外の言語どちらとも真摯に向き合うことが
重要であると強調されました。

当日ご参加くださった皆様、
そしてセミナーの開催にあたってボランティアをかって出て
頂いたVSOPサポーターの皆様、
本当にありがとうございました。

次回の公開セミナーは11月頃を予定しております。
またお会い出来るのを楽しみにしています。

VSOP英語研究所
西巻 尚樹