英会話はもちろん、ビジネス英語も受験英語にも。使える英語をモノにするVSOP英文法の英語教室(東京飯田橋)。
メニュー

ホーム > VSOP英語研究所ブログ > 受講者の声 > 動詞より、前置詞が重要だと解りました!

動詞より、前置詞が重要だと解りました!

ゴールデンウィークに行われた「必修編 GW集中クラス」での

ご受講感想を頂きました。

みなさまに、S-V-O-P:ワンパターンをご納得頂けました。

「5日間で、ペラペラになる」ワケはない(*^□^*)とも

ご納得頂けました。

なぜなら、動詞が中心の英文法のせいで

日本人は、六年以上ズレた英語理解を教わって

きているわけですから、このズレを全部取り除き

抜けている文法事項を説明するには一定の時間が

必要だからです。

本当の英語学習は、まず、ズレた英語の解釈を

Unlearn(学んだことを取り除く)することから始まります。

これは、留学や派遣などで英語圏で生活した方が

必ず言うことです。

VSOP英文法は、日本に居ながらにしてネイティブな

英語に直に接することができ、Unlearn(学んだことを

取り除く)に至る道を明らかにしています。

このような遠回りをしなくて済むよう、VSOPが

より多くの人に牛耳に触れることを願っています。

放送大学の面接授業は、現在、70人の方々に

English is Very Simple One Pattern.をお伝え

して、みなさまにご共感を頂いています。

「初めからVSOPで勉強していれば........」

「若い世代に同じ苦しみを味あわせたくない」

ものです。

英語を問題は、英文法の問題なのです。

(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)

K.A。様 40代女性  電気メーカー

CCI20160511KAさん 40s Female  electronic.jpg

M.M.様 30代男性  ITエンジニア

CCI20160511_MMさん 30代Male ITエンジニア.jpg

================= 

H.O.様   40代女性  インターネット関連(メールで)

西巻先生、

5日間講義いただきまして、

どうもありがとうございました。
英文における、前置詞の捉え方、
SVOPという文節の切り方を知ることができ、
以前とは違った視点で、英文を読むことができるようになりました。
しかしながら、改めて、自身の英語力を伸ばすためには、
語彙力を増やし、慣れが必要であることも実感し、
受講前は、5日間集中授業が終わったらきっとペラペラだ!
なんて期待してしまっていましたが(笑)
楽して英語力を伸ばす方法は、やはりないのだなあと、
改めて再認識いたしました。
さらに深く勉強したいと思っています。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。
================= 

N.S.様  40代女性 旅行業界(メールで)

西巻先生
5日間ありがとうございました!
英検3級、4級あたりからコツコツやり直して
1年後くらいにTOEICに挑戦してみたいと思います。
-----------------------------------------------------
VSOPからの返信
N.S.様
こんにちは、VSOP英語研究所の西巻です。
この度はご受講有り難うございました。
情報量が多かったので、大変だったのでは
と思っています。
これは講座の中で度々申し上げましたが
英語は単語数が多いので仕方がありません。
ワンパターンな語順の単調さを、語彙の豊富
さで補っているのです。
-----------------------------------------------------
ですから、自分で英語を使うコツは、いろ
いろな表現の中から自分の好きな表現を一
定数(だいたい100パターンくらい)覚えて
使い回すことです。
また、中学で習った基本文法事項(名詞の
種類・単数形複数形の使い方・不規則動詞
活用・比較級最上級など)は不可欠な知識です。
これらの基本文法事項を再確認するのに
英検の三級・準二級の問題集は最適だと
思っています。
これらのテストは、基本文法事項を問うてく
るからです。
英検というと「今までの英文法で作られ
ている」とお感じかもしれませんが、英
検の英語はネイティヴな英語で、英語そ
のものはきちんとしています。
出題の範囲や解説・解釈が今までの学校
で習っているような英文法に従っている
ので、日本人には馴染み易いようにでき
ています。
その分、使われている英語表現が、ネイ
ティブな英語に比べると限定された内容
にはなっていることは否めません。
-----------------------------------------------------
さらに「話す」ということになるとかなり
の実地訓練が必要です。
親しくないネイティブ・スピーカーに話
しかけると嫌がられますから、やはり、
英会話スクールのようなところを使う
必要はあると思います。
昔から「英語圏の友人を作る」という
方法が会話習得には有効です。
それでは、S-V-O-Pで英文を考えるよ
うに意識頂いて、さらなる発展をお祈り
しております。
文法事項的はまだまだお伝えしておかなけ
ればならないことがたくさんあります。
6月の実践編をご検討頂ければと存じます。
また、お会い出来る日を楽しみに致してお
ります。
VSOP英語研究所
西巻 尚樹